ソニック映画のあらすじやストーリーは?結末ネタバレ!続編予想も!

スポンサーリンク

ソニック映画のあらすじは?

ソニック・ザ・ムービー

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL

特別な力を持つソニックロングクローの元、身を潜めながら暮らしていた。

彼の持つ力を多くの者が狙っていたのである。

ある日、家に戻ったソニックは敵に付けられてしまい、狙われてしまう。

ロングクローはソニックを守るため、リングを託し、地球へソニックをワープさせてしまう。

それから10年、地球でも身を隠しながら暮らしていたソニックは、ひょんなことから身を追われる自体となってしまう・・・・。

【人気記事】  007ノータイムトゥダイ舞台挨拶や試写会情報!前売り券や特典は?吹き替え声優は?
スポンサーリンク

ソニック映画のストーリーネタバレ!

ソニック・ザ・ムービー

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL

『ソニック・ザ・ムービー』のストーリーをネタバレしていきます。

地球へ!

ソニックは走るのが大好きな子供。

いつもあちこちを猛スピードで駆け巡っていた。

育ての親のロングクローからは、特別な力があるから、身を潜めなさいと言われていた。

いつも通り、誰にも付けられず帰ってきたと思っていたが、家の窓に矢が飛んできた。

外を見ると、多くの敵がソニックを狙っていたのである。

ロングクローはソニックを連れて外に飛び出すが、敵からの攻撃にいよいよピンチになってしまう。

そこで、彼女はソニックにリングを渡し、別の惑星に逃げて身を潜めて暮らすように言いソニックを地球へワープさせてしまう。

10年後グリーンヒルズにて

ソニックはとある森の中の洞窟で暮らしていた。

10年も住んでいれば、洞窟内でひとりで卓球もできる、音楽も弾ける、ぶっちゃけ、一人暮らし満喫中!

洞窟以外ではグリーンヒルズに住んでいる、お気に入りのドーナツ・キングの観察や一緒に映画を観たりするのがソニックの日常

もちろん、ソニックが知っているだけで、ドーナツ・キングはソニックのことを知らない

ただ一人、クレイジー・カールを除いては。

彼はソニックのおもちゃとして、時々、からかわれている。

そこでカールが付いたあだ名が青い悪魔だが、カールの話は街のみんなが信用していなかった。

ドーナツキングの日常

毎日、待ち伏せしてネズミ取りをしようにも、スピード違反の車はちっとも現れない。

スピード検知機に反応があって見るとそこには散歩しているカメ。

そんな平和でつまらない毎日を過ごしていたトム。

また、スピード検知機に反応があったので見ると、400km/h程の何かが検知されていた。

しかし、周りを見渡しても何もいない・・・ふと草むらに目をやると、青い針のような毛のようなものが落ちていた。

トムはそっと拾い上げ、家に持って帰る。

家へ帰ると恋人マディが嬉しそうに封筒を手渡してきた。

開けるとそこには、サンフランシスコ市警の採用通知書が入っていた!

野球と大停電

ある日ソニックは、草野球の試合を観に来ていた。

得点が決まり、チームメンバーとハイタッチする姿を、どこか羨ましそうに見ていたソニック

その夜、誰もいない球場に立ち、またしても、一人でチームを作り野球を始めた。

ボールを投げるまでのサインや実況、バットでボールを打ち、拾ったボールを投げ、ホームまで返す・・・そんな野球の一連の流れを再現して楽しんでいたソニックだったが、最後の仲間と喜びを分かち合うハイタッチができず、落ち込んでしまう。

やけになったソニックは、グラウンドをグルグル猛スピードで走り始め、そのパワーにより巨大な電力が生まれ、野球場をショートさせてしまう。

それをきっかけに、グリーンヒルズの街は大停電に・・・!

洞窟から旅立ち

大停電に見舞われたグリーンヒルズは原因調査に乗り出した。

テロなのか?誰か意図的に停電を引き起こしたのか?いろいろ憶測が繰り広げられたが、決定的な結論が出ず、ドクター・ロボトニックを調査に派遣することになった。

地球上の生物じゃない者が関わっている可能性がありそうと睨んだロボトニックは、見つけた足跡から、ソニックが住む洞窟のある森まで調査の手が及び始めた

自分の居場所を突き止められそうになったソニックは、慌てて荷造りをし、グリーンヒルズの町に繰り出す。

トムとの出会い

町に来たソニックは安全そうだと考えたトムの家の物置に飛び込んだ。

トムは物音にびっくりし、また、動物が侵入したのだろうと、マディが持つ麻酔銃を片手に音のした方へ向かった。

ドアを開けてびっくり、そこには見たこともない青い生き物が立っていたのだ!

思わず、麻酔銃をソニックに放ってしまう・・・。

ソニックは、意識が遠のく際に見たトムのシャツに書かれたサンフランシスコの文字を呟きながら、リングでサンフランシスコをワープ先を開いてしまい、残りのリングをその中へおとし、意識を失ってしまう。

ロボトニックとご対面!

目が覚めたソニックは動物用のカゴの中に。

トムに自身の秘密を明かしていると、ロボトニックが痕跡を頼りにトムの家にやってきた。

ソニックの言葉を信じ、ロボトニックが家を調査しようと訪ねてくるのを誤魔化して追い返そうとするも、家の中から物音が。

待ってました!と言わんばかしに家に入り込んだ、ロボトニックの目の前に現れたのは家に侵入したアライグマ。

入念に探し回るロボトニックに、いよいよ逃げきれなくなったソニックとトムは連携プレイでロボトニックをやっつけてしまう。

目指せサンフランシスコ

トムの車で逃走を始めた二人。

道中、市警での職が決まっていたトムは面倒ごとに巻き込まれたくないと、ソニックを車から下ろす。

渋々、トムが言う通り西にまっすぐ向かったソニックは、サンフランシスコに辿り着けず、海へ出てしまったので、即座にトムの車へ帰ってきた。

麻酔銃で打たれたことを盾に、トムにサンフランシスコに連れて行ってもらうよう交渉する。

バーで大暴れ

途中、食料を手に入れようとトムが車を降りたのを待っていると、その近くのバーやその近辺が多くの人で賑わっていた。

トムの帰りを待っていられないソニックは、興味津々のソニックは車から出て行ってしまう・・・。

車に戻ると、ソニックの姿はなく、人で賑わっている方に行ったのではと思ったトムが、バーの中に入ると、帽子をかぶってその場を満喫するソニックの姿が。

最初はすぐに戻るように言うも、地球最後の日となるソニックに同情し、1時間程ならと滞在を許す。

そこで、バケツリスト(やりたいことリスト)をソニックに教えると、瞬く間のそのリストを作りあげ、その場で実現可能なことをどんどんこなしていった

ところが、ちょっとしたことから小競り合いになり、最後はいる人を巻き込んでの大喧嘩に。

スーパースピードでその喧嘩を片付けたソニックたちは足早にそこから立ち去った。

執念深いロボトニック

ソニックとトムの足取りを追い、二人がサンフランシスコに向かっていることを知ったロボトニックは、車のスピード、目的地から彼らの居処を突き止める

自慢の車型ので彼らの車を襲撃するも、ソニックの技であっという間に潰れてしまう。

しかし、天才ロボトニック。

潰れたパーツを分離し、小さくなったマシンで襲いかかる・・・。

とにかくしつこい、ロボトニックのマシン。

最後はひっつき虫みたいに離れない爆弾ロボとなり、執念深く迫ってきた。

間もなく爆発と言うところで、別の物にロボを貼り替え、直接爆発する被害は免れたものの、その衝撃でソニックは意識が戻らなくなってしまう・・・。

サンフランシスコでまず向かった先は

意識を失ったソニックを抱え、サンフランシスコに到着後向かった先は、姉のところにいるマディのところだった。

獣医である彼女にソニックの容態を診て貰うようお願いをする。

骨や筋肉に異常はなさそうと診断するも、ちっとも目を開けないソニック。

そこで取り出したのは、人間用の気付け薬

鼻の側に持っていくと一瞬で目を覚まし、大暴れする・・・。

リングを取り戻せ

意識を回復したソニックは、トム、マディと共に、リングを落としてしまったビルへと乗り込む。

カバンに詰め込まれたソニックは文句を口にし、周りから奇異な目で見られるも、リングを落としたとされる場所に無事到着する。

これでめでたしめでたし。

ソニックは新しい惑星へワープしようとするも・・・

また現れた!ロボトニック!

しかも、彼の一番最強と言われるとマシン、さらにその動力源は無限大のエネルギーをひめたソニックの針。

向かう所、敵なし状態のロボトニックにソニックは勝負(と言っても逃走)を挑む。

トムとマディは安全のため、リングを使ってグリーンヒルズへ避難させる。

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました