感想と考察

感想と考察

ソニック映画は炎上必須?評判は?感想と考察!興行収入や観客動員数も!

『ソニック・ザ・ムービー』は炎上必須なのか、評判や感想、考察、興行収入や観客動員数はどうなのかまとめました。日本のゲームではモンスターハンターの実写映画化も進んでおり、ハリウッドで日本のゲームの実写化がブームになりつつあるようです。さて、そんなソニックですが、愛されるゲームゆえ、実写化はちょっと無理って声もあるみたいですが、実際どうなのでしょうか。
感想と考察

ANNA/アナ映画は面白い?つまらない?口コミ・感想や考察!観客動員数や興行収入も!

今日は、ANNA/アナ映画は面白い?つまらない?口コミや感想、考察、観客動員数や興行収入をまとめました。リュック・ベッソン監督が選んだヒロインは、軒並みスターになると話題ですが、今回はモデルのサッシャ・ルスがヒロインを務めています。彼女の演技はもちろん、アクションがどんな感じなのか気になりますね。
感想と考察

水曜日が消えたの感想と考察!セブンシスターズのパクリ?評判や興収動員数も!

『水曜日が消えた』感想と考察、セブンシスターズのパクリなのか?評判や興行収入や観客動員数をまとめました。七人の人格が1日ごとに入れ替わる青年の話で、公開前から非常に楽しみにしていた作品です。ただ、いろいろ見ていると『セブンシスターズ』のパクリなのではないかという声もあるようです。
感想と考察

一度死んでみたは面白い?つまらない?感想や口コミと考察!観客動員数と興行収入も!

『一度死んでみた』は面白いのかつまらないのか、感想や口コミ考察と観客動員数と興行収入をまとめました。 広瀬すずさん主演のコメディ映画『一度死んでみた』が公開されました!デスメタルの歌を披露している 広瀬さんの歌声も気になりますが、面白いのか、つまらないのか気になります!私の感想は、意外と泣けるし、親子愛ってイイねと感じました。
感想と考察

ジュディ虹の彼方に感想や口コミと考察!観客動員数や興行収入は?

『ジュディ 虹の彼方に』の感想と考察、口コミ、観客動員数と興行収入をまとめました。 ジュディ・ガーランドの実話を元にした『ジュディ 虹の彼方に』は、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞と共に主演女優賞を受賞しています。 私が観てきた感想としては、ジュディ・ガーランドという人間を好きになったと同時に、幸せな最後を送って欲しかったなと思ってしまう映画でした。
感想と考察

SHIROBAKO映画口コミや感想と考察!シリーズ最終回として最高の結末

『劇場版 SHIROBAKO』の口コミや感想、考察をまとめました! 『SHIROBAKO』はアニメ制作を題材にした作品で、アニメ業界の大変さや面白さなどを細かに描いています。 そんな『SHIROBAKO』の劇場版を観た感想としては、本当のシリーズ最終回!と感じつつ、明日もまた宮森達の日常が観たくなる!そんな映画でした。
感想と考察

スキャンダルの口コミや感想と考察!特殊メイクがすごすぎ!

『スキャンダル』の口コミや感想、考察、映画内の特殊メイクについてお届けしていきます! 2016年全米で話題になったFOXニュースCEOのセクハラ訴訟を見事に映画化したのが『スキャンダル』(原題:Bombshell)です。実話はベースであるものの、映画として面白くなるよう改変が加わっていますが、観終わった後にスッキリする映画です。
感想と考察

映画『影裏』口コミや感想と考察!中村倫也が可愛すぎ!今野は何故泣いた?

映画『影裏』の口コミや感想と考察をお届けします! 第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説「影裏(えいり)」を、綾野剛さんと松田龍平さんのW主演で映画化した作品です。 人間の裏の姿を描くヒューマンミステリーを、『るろうに剣心』、『3月のライオン』の大友啓史監督が映像化しました。
感想と考察

映画『ヲタクに恋は難しい』はつまらない?口コミ・感想と考察!

映画『ヲタクに恋は難しい』はつまらないのか?口コミ、感想と考察をお届けします。 日本では、まだまだ多くないミュージカル調を取り入れた作品が、『ヲタクに恋は難しい』です! 原作を知っている方からは、ラブコメをミュージカル調で実写化?それって面白いの?て声が集まりそうなですが、ぶっちゃけ、私はミュージカル調ヲタ恋はありだったんじゃないかな!と思っています。
感想と考察

『男と女人生最良の日々』の感想と考察!タイトルの意味や口コミも!

映画『男と女人生最良の日々』の感想と考察、口コミや、タイトルの意味についてお届けしたいと思います。 映画の続編はよくありますが、50年後の続編と言うのはなかなか見かけませんよね? 『男と女 人生最良の日々』は、「結ばれなかった二人のその後の人生の1ページを切り取った映画」と言う表現がぴったりではないかでしょうか。 最近では、クライマックスがはっきりしている作品が多い中、本作は、そういった部分は弱かったように感じます。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました